パートナーを探す 付き合う

婚活が恥ずかしい方へ【私はマッチングアプリで結婚しました】

婚活が恥ずかしい方へ【私はマッチングアプリで結婚しました】

疑問を持つ女性
うーん、婚活気になるけどなんだか恥ずかしくって始められない!!

そうだよね、緊張するし、なんか婚活しないと結婚できないのかって周りに思われるかもだし。でも婚活って恥ずかしいことばっかりじゃないんだよ。いろんな人との出会いもあるし、自分磨きもできるし
みーこ

疑問を持つ女性
そうなの?

そうだと思うよ。婚活が恥ずかしいと思う方向けに、メリットを一つずつ紹介していくね
みーこ

婚活が恥ずかしくてなかなか始められない方はいらっしゃいませんか??
周りは自然に出会っているのに、自分はそういう活動をしないと結婚できないんだと思うと落ち込みますよね。

何を隠そう、私も婚活が恥ずかしいと思う人間の一人でした。

当時の私は、女性が結婚に対してガツガツしているのって恥ずかしいものだと思っていました。そのため出会いの場にもなかなか自主的におもくことができませんでした。むしろ抵抗感しかなかったです。
そんな私が合コンに参加して、その後合コンの女王と呼ばれ、婚活パーティーも知り尽くし、マッチングアプリで「いいね」をひたすらに押すと誰が想像したでしょうか。

そして最終的にはマッチングアプリで結婚することまでできました。

マッチングアプリは結婚相談所、婚活パーティーに並んでいまや使える婚活サービスのひとつです。

かつては、婚活なんて恥ずかしくてできないとか言っていたのに、最初に手を出した婚活パーティーから、相席屋、マッチングアプリと様々な婚活に手を出してしまいました。
婚活ってやってみると案外奥深いもので、自分のためになる様々なメリットがあるのです。

実際やってみると、婚活は別に恥ずかしいこともなく、素敵な出会いがたくさんありましたし、年齢に見合った結果が出たのではないかと思います。

現時点で、婚活そのものが恥ずかしくて、なかなか一歩を踏み出せていない方にこそ、是非ご覧いただければと思います。この記事を読んでいただくと婚活の抵抗感が和らと思います。

婚活が恥ずかしい方へ【私はマッチングアプリで結婚しました】

みーこ
婚活が恥ずかしいのは最初だけです!

出会いやすい条件を知っていますか??
学校、会社、どんな場所であったとしても、未婚者が多く、男性と女性の割合が極端に偏ってない場所が出会いやすい場所です。

つまり、共学の学校を卒業し、社会人になって、その会社にパートナーとなれるような年代の異性や、好みのタイプがいない場合、出会いは激減します。
多趣味な女性であっても、よほど未婚者が多いサークルにでも所属しない限りは、なかなか結婚には結び付きません。
自然に出会うルートは、ほぼ閉ざされることがわかります。

それでも結婚したい方に、おすすめしたいのが婚活です

リクルートのブライダル総研の婚活実態調査2020では2019年の婚姻者のうち、婚活サービスを利用していた人は30.4%。婚活が恥ずかしいもなにも、3割のひとが婚活をしています。


(出典:婚活実態調査2020

私の周りでは独身の女子で、パートナーがいない女性は1/2くらいの割合で婚活をしています。
してない女性は結婚嗜好がない人ばかりなので、結婚したいと思っている女性なら、どれだけの美人であろうと、どれだけかわいい女性であってもなにかしらの婚活を経験されているのではないでしょうか?

なんでそんなかわいい女性や綺麗な女性であっても婚活なんてするの?そんな恥ずかしいことしなくたって、容姿だけで引手あまたじゃないの?

そんなふうに思いますよね。

かわいかったり美人の女性でも婚活をしている理由は簡単です。

結婚しやすい条件を作り出すのに、婚活ほど効率のいい方法はないからです。

自然な出会いと言われるバーや異業種交流会で異性と知り合うことはできます。しかし、その中には既婚者や彼氏持ちも混ざっています。

一方、婚活パーティーや、マッチングアプリなどは独身の結婚したい人たちが集まる場所です。結婚を望んでいる人の中で結婚相手を探せば、結婚できる確率が上がります。

婚活を目的とした出会いの場であれば、様々な嗜好の人々が集まる場所からお相手を探し出すのと比べても、断然結婚につながりやすいのです。

つまり、婚活をするというのは、結婚に向けて行動する中でもかなり効率が良い手段です。結婚に向けたお相手を探すのに「恥ずかしい」という感情を持つ必要ありません。

結婚する多くの人がそれなりの「行動」をして来た結果、結婚しているのです。私たちにとってはその「行動」が婚活だった。それだけの話です。

私もかつては婚活が恥ずかしいという気持ちをもっていましたが、婚活を日常的に行っていると、婚活をしていることが恥ずかしいという感情よりも、どれだけ婚活と向き合い、結果を残すのかということのほうが大事に思えてきました。

私の場合、最終的にはマッチングアプリで結婚でき今は幸せです。家と会社の行き来で、恥ずかしいことを理由にズルズルと引きずらずに行動に移せて本当に良かったと思います。

恥ずかしいと思って婚活をやらずに終わらせてしまうのは本当にもったいないです。

結婚をしたいという気持ちが少しでもあるのであれば、絶対に婚活にチャレンジしてみましょう。

婚活が恥ずかしい方に伝えたい婚活のメリット

婚活が恥ずかしい方に伝えたい婚活のメリット

疑問を持つ女性
うーん、とはいえ、そんなガツガツするのも・・・
なんとなく抵抗感あるよね。そうしたら異性を探すこと以外の、婚活のメリットがあるので紹介するね
みーこ

メリット①:婚活は自分の視野を広げる

婚活は様々なスキルが付く自分磨きの活動とも言えます

「婚活」と言われるのでどうしても、結婚相手を探すための活動。が最大限の目的となりそれ以外は目もくれない。そんな女だと思われる。というイメージがあるのかもしれません。

一方で、そもそも色んな人と出会えます。仮に結婚相手にならなかったとしても、その方々の多様な考え方を聞くことができます。

そういう意味では婚活をすることで、自分自身の知見を広め、今まで考えたことがないような新たな自分自身の一面を知ることができます。(もちろん、頭の切り替えは必要)

みーこ
私も、学校の先生とか経営者とか有名企業のエンジニア、女性起業家など本当にいろんな人と出会いました。怪しい人もいたので多少注意も必要です!

メリット②:婚活は自分磨き

また、婚活は相手に自分をアピールすることが最大限求められるので、準備段階で自分磨きが必須になります。
メイクや髪型を勉強しなおす機会にもなりますし、自分に自信を持つためにジム通いなどを始める人もいます。
婚活をきっかけに新しい趣味を始めたり、写真の撮り方を研究したり、プロフィールを書くために文章力をあげたり。
アピールポイントを作るためにも、料理を勉強するかもしれません。何故か汚かった部屋もきれいになるかもしれません。

このように、婚活をはじめることで新しい自分を見つけるための足掛かりになることはたくさんあります。

恥ずかしいなんて思っている暇がないくらい、始めようと思えばいくらでもやれることが待っています。

婚活をうまく活用して、結婚相手を探しながらも他にもたくさんのポジティブな自分自身の成長を楽しんでいきましょう。

みーこ
婚活は人に見られるので、見かけへの意識が磨かれます。変わりたいなぁと思ったら婚活はおすすめです

婚活への抵抗感がある理由と抵抗感をなくす考え方

婚活への抵抗感がある理由と抵抗感をなくす考え方

疑問を持つ女性
そもそもなんでこんなに婚活に抵抗感があるんだろう…

抵抗感を感じる理由はいろいろあるよね、一個一個みていこうか
みーこ

婚活はモテない人がやるものという先入観

婚活なんて恥ずかしい、抵抗感がある!という人は婚活はモテない人がやるという印象をもっている可能性があります。

なぜなら、遠くバブルの時代の1980年代では、男性が女性を口説くことが当たり前の時代がありました。その前の世代は親や親戚のおばさんがお見合いをもってきてくれる時代です。

これらの時代の価値観で言うと、女性は30代で行き遅れ。という今言ったら炎上しそうな概念が存在しました。

いつまでも結婚できない人はモテないとか、性格に問題があるとかさんざん言われたそうです。

婚活って、そういうモテない人がするものでしょう?という偏見がまかり通ってきました。

そんな風に思われてたり、自分でも思っていたら抵抗感は出ますよね。だがしかし、今の時代にその考え方は少し古いです。

シングルの割合が増えて2050年には単独世帯が4割を超えると言われています。結婚は今、したい人がする嗜好品です。待ってれば自然と相手からアプローチする時代は終わったのです。

しっかりと世代の変化を把握して、結婚したいのであれば行動しなければいけないことを意識しましょう。

みーこ
結婚できれば、モテるもモテないも関係ないですよね。たったひとりの大切な人がみつかればOKです

少女漫画や恋愛ドラマの見すぎ

婚活なんて恥ずかしい、抵抗感がある!という人は恋愛関係のコンテンツを見すぎている可能性があります。

参考までに、こちらの恋愛映画は「結婚したくなる映画」として執筆した記事です。しかし、この映画たち、恋愛したい気持ちを盛り上げるのには適していますが、いかんせん現実離れしているストーリーです。

・イケメンと美女だらけ
・女性は受け身でも男性がグイグイきてくれる
・ロマンチックな展開

とても素敵です。

問題は、これらの恋愛コンテンツはあくまでフィクションということです。

こんなことはめったに現実には起こらないということを皆さんはもちろんわかっていることでしょう。わかってても、どこかで期待してしまう。これが婚活への抵抗感を生みます。

自然な出会いにこだわりすぎている人は恋愛映画はほどほどにして、婚活映画を見ましょう。現実を脳みそに刻みつければ、婚活しなきゃ、という気持ちになります。

漫画が良ければ、推奨図書はかの有名な婚活漫画「東京タラレバ娘」がおすすめです。かくいう私も「東京タラレバ娘」を見てから焦って婚活をはじめました。

2021年6月現在無料で1巻が読めるようです。

みーこ
恋愛映画は私も好きでよく見ますが、現実にこんな一途なイケメンはいません!(断言)もっと割り切って婚活しましょう!

周りは婚活してないけど結婚している

婚活なんて恥ずかしい、抵抗感がある!という人は友人や兄弟が婚活をしないで結婚している可能性があります。

まず前提として、自然な出会いは20代前半までです。それ以降は自分から動かないと出会いのチャンスは訪れません。

あなたのお友達や兄弟がパートナーと出会った年齢と出会った場所を思い出してみましょう。20代、なおかつ大学時代だったり、趣味サークル、合コンだったりしませんか。

彼らは同世代の異性と出会いやすい状況ですんなりパートナーを見つけています。しかし、もうすでに周囲の人がそれなりに結婚しているということは、あなたの年齢はもうアラサーに差し掛かっているのではないでしょうか。

アラサーからは、結婚は泥臭い努力が必要です。すんなり結婚できる状況で結婚した人たちと同じ土俵にはいないので。比較するだけ無意味なので、自分にできる努力をする覚悟が必要です。

みーこ
他人は他人、自分は自分です。流されずに、自分の幸せを確実に手に入れましょう

まとめ

婚活が恥ずかしいと思う方には是非その殻を破るべく、まずは始めてみてほしいです
始めてみれば、恥ずかしいと思っていたことが何だったのかと思えます。次から次へと予想がつかない良い影響がやってきます。
自分を見直し、努力することで、自分自身のレベルアップにつながっていきます。

いやいや、そうはいってもどうしても恥ずかしい!!という方、

昨日通りかかった変な人、1週間後に覚えていますか?私は覚えてませんし、世の中の人もそこまで余裕はありません。

自分は恥ずかしいと思っていても、世の中はあなたが思っているほど、自分のことを見ていないものです。

周りの印象など気にせず素敵な結婚相手をみつけて、幸せな人生を自らの手で切り開いていきましょう。

特にマッチングアプリが恥ずかしい!!という方はこちらもご覧ください。
マッチングアプリが恥ずかしい?【結婚したいならやるべき理由】

その日から婚活できるのはマッチングアプリです。私も登録していたペアーズはこちら↓

pairs3

 

-パートナーを探す, 付き合う
-, , , , , , ,

© 2021 ハッピーカップル